FXをはじめるときの証券会社の選び方

スプレッドの狭さで決める

FXではスプレッドが狭いに越した事はありません。特にスキャルピングの様な超短期売買をするスタイルのトレーダーは収支に大きな影響を与えます。スプレッドの狭い証券会社は、数多くありますが大事なのはメジャー通貨以外の通貨ペアも対象になっているかという点です。
マイナー通貨は基本的に合成通貨なのでスプレッドは広めに設定されがちです。しかし、証券会社の中にはNDDというトレーダーが直接インターバンクと取引のできるシステムを導入している証券会社があります。NDDを使えばマイナー通貨も狭いスプレッドで取引が行えるので、トレードでのチャンスが広がります。一つだけNDDのデメリットはFXでは珍しく手数料がかかる点です。しかし、長期的に見れば手数料は経費として計上できるので税金を浮かせることができます。

約定力と注文方法のバリエーションで決める

FXでは注文と同時に約定するかが非常に重要です。注文が滑れば数pipsでも大きな金額になります。スリッページを設定する方法もありますが原則的に約定力の高さは証券会社の信用問題と言えます。
FXには約定力に関わるものとして、注文方法のバリエーションに魅力があるかどうかも重要です。また、簡単に操作できるかという点も大切で、初心者には操作がしにくいプラットフォームを提供しているところは良い証券会社と言えません。中でも一番多用するOCO注文が簡単にできるかが肝心です。OCO注文は指値注文と逆指値注文を同時に出す注文方法です。どちらかが約定すれば、片方がキャンセルされるので、成り行き注文でエントリーした後は放置できます。一度、デモトレードでOCO注文の入れ易さを確認してから口座を開くと良いでしょう。