本当にこわいの?FXってどうやるの?

FXは油断さえしなければ恐くない

FXが恐いというイメージはレバレッジの存在があるからです。レバレッジと言うのは信用取引枠の事で、日本では証拠金に対して25倍もの資金を運用できます。海外のFX会社では数百倍のレバレッジを提供しています。
レバレッジを使えば、短期間で大金を手にする事ができますが、同時に大金を失うリスクもあります。しかし、しっかりと計画を立ててトレードをしていれば、大金を失うリスクは軽減されます。FXに限らず相場の世界には、ストップロスは早めに執するというルールがあります。このルールさえ守っていればレバレッジを効かせたポジションの運用も恐くありません。注意点は、成り行きでストップロスを執行するという油断です。何が起こるか分からないので、必ずストップロスの予約注文を入れておく必要があります。

まずはデモトレードから始めよう

いきなりリアルトレードを始めるのは賢明ではありません。FXは単純な相場ですが、簡単ではありません。まずは、注文方法や通貨ペアの癖を掴むところから勉強する必要があります。
デモトレードはどの証券会社も無料で体験させてくれます。気に入ったの口座を選んで申請すればすぐにでも始められます。デモトレードで重要なのは真剣にトレードを行う事です。実際の取引同様、お金がかかっていると思ってトレードする事が重要です。実際の取引では、トレードの記録を付ける必要もあるので、デモトレードの時点から記録帳は準備する様にしなければいけません。また、注文方法は複数ありますが、自分に合っている注文が用意されているかもデモトレードで確認する必要があります。デモトレードは証券会社選びの場でもあります。